「働きたい企業ランキング」で急上昇した無名の企業

毎年発表されている「働きたい企業ランキング」ですが、上位は特に大きな変わりはないですが、20位以降に今までランキング圏外だったり無名だった企業が入ってきています。

その影響として、テレビでの特集や雑誌で取り上げられている企業が多数あります。

テレビや雑誌に実際に社長や代表取締役など企業のトップが出演して会社の製品や仕事を紹介したり、最近女性にも人気の工場見学に力を入れたり特集を組んだりして、企業全体をアピールすることが増えています。

それを見た就活生が無名や興味のなかった企業に興味を持ち、会社の説明会に参加したり見学をしたりして希望しているそうです。

IT企業はもちろんですが、商社などがランキング上昇すると景気回復が見られたりなど、現在の経済状況と比例してランキングされているようにも思えます。

これからどんな会社が人気あるか注目していると、世の中の事情がわかってくるかもしれません。
しかし、人気企業が働きやすいとは限りません。
なぜならば、大企業であるほどひとりひとりの快適さを実現することは、ほぼ不可能だからです。

それこそ価値観や似たり寄ったりな社員が必然的に多くなるのが大企業ですから、快適であるという回答もそれなりに多いものですが、飼い慣らされていると自覚していないだけかもしれません。
集団に迎合出来る人ならいいですが、それが難しいと感じる人はベンチャーで快適さを追及してはいかがでしょう。

»