生活習慣病を予防する

生活習慣病を予防することは、個人の健康寿命を延ばすだけでなく、日本の国民医療費を抑えることにも繋がり、社会全体の大きな課題です。
その生活習慣病を予防する為に食生活から改めて行きましょう。

生活習慣病が怖いのは様々な疾患が深く影響しあっているということです。

政府から食生活指針や、具体的な行動に結びつけるものとして、1日に何を、どれだけ食べたらいいのかの目安を示した食事バランスガイドが出ているのでそれを参考にするといいでしょう。

また、和食を好む傾向にある人ほど、食事バランスがとれていたという報告もあるようなので、和食を中心に食べるといいでしょう。
脂肪分を控えめにし、野菜や果物、芋類、豆類、穀物類などを積極的に食べるように意識すると、ビタミン・ミネラルを補います。

将来健康であるために今から気をつけておきましょう。
と偉そうに言ってますけど、本人は全くお構いなしに好き勝手に生活しているのが現状ですね。
体型を見られたら、生活習慣病のことを言える立場ではないことがバレてしまうのです。

ですからネット上では、きれいごとと言いますか建前を述べているわけですが、元々人間はストイックになかなかなれないものなのですよ。
様々な誘惑に勝てる強い意志が無いと、ダイエットなど長続きしないものです。

もしくは強烈な動機がなければ動かないんですよね。
強烈な動機とは、例えば気に入っていた人から体重のことを言われたとか、そういう心に火をつけられたことですね。
仕事でも、同じように強烈な動機がある方が、業績が上がるものです。

»