主婦を戦力として考える

外で働く主婦は、家事と育児と仕事の三つを両立させる必要があります。
そこでわたしは、家電製品のタイマーや自動機能をフルに活用して家事の時間を短くし、いかに子どもたちとの時間を増やすかを考えています。

寝る前にタイマーでセットしておいた、洗濯物を朝から干して、朝食とその日の夕食の準備。
真空調理機に煮ものやシチューなどセットすると火も電気も使わないのに帰宅後はすぐに美味しい食事にありつけます。

夕飯が済んだら食洗機で後片付けを済ませます。
今、一番ほしいのは自動掃除機です。
出かけている間に、自動でお掃除をしてくれるなんて最高です。

誕生日プレゼントに家電製品がほしいなんて、独身の頃はは考えられませんでしたが、どんどん良いものがでてくるので欲しいものは、増える一方です。
ただ、最新機種は人柱的な性質も含んでいると思うので、最近は、ネットで事前調査するようになりました。

他人の評価を参考にしたい思うのです。
しかし、これもヤラセが発覚したりと、疑問を持つようになりました。
これは人の意見に左右されるのではなく、必要かそうでないかを改めて考え直すきっかけになりました。

この基本的な考え方なしに、いろいろな商品を購入することが、ムダ使いに繋がるわけですよね。
必要だと思い込んでいるかもしれませんし。

働く主婦のネックは、遠距離での仕事が出来ない事。
この間は特別に出張になりましたが、初めての夜行バスで、緊張しました。

«
»