以前、横浜に遊びに行った時のこと。
一緒に行った友達が「綺麗な夜景が見たい」と言うので、横浜でも有名な横浜港大さん橋国際客船ターミナルへ行きました。
横浜港大さん橋国際客船ターミナルは大型客船の発着所なんですが、屋上デッキからはベイブリッジや観覧車、赤レンガパーク、マリンタワーなど、有名どころが全て見渡せるので、夜景スポットとしてカップルに人気があるようです。
案の定、屋上デッキはカップルでいっぱいでした。

カップル以外にも、家族連れやおひとり様、私たちのように同性の友達同士で来ている人もいました。
週末だったからかもしれませんが、かなり混雑していてびっくりしました。
みんな、綺麗な夜景を求めて全国各地から集まってくるんでしょうね。

その時にしみじみ思ったんですが、夜景って一緒に見る人によって見え方が全然違うなぁ、と。
ちょうど、一緒にいた友達の結婚が決まった時だったので、目に見えるもの全てがキラキラ輝いて見えたんですよね。
幸せのおすそ分けとはまさにこの事。
以前仕事で横浜に行った時、一人で夜景を見たんですが、その時はなんとなく味気なく感じたことを思い出しました。
きっと、家族連れで来ている人、付き合いたてのカップル、一人で写真を撮りに来ている人、みんなそれぞれ違う夜景を見ていたんだと思います。見えている景色は同じはずなのに、不思議なものです。

その友達とは、私が結婚することになった時、また横浜へ夜景を見に行こうと約束をしました。
しばらく先になりそうですが、その時はどんな夜景が見れるのか、今から楽しみです。